自動車部品メーカーのデンソー

デンソーとは、自動車部品メーカーのことをさします。愛知県刈谷市に本社があります。もともとはトヨタ自動車の開発部門だったところが独立した会社になったこともあって、現在でもトヨタグループの一員として活動しています。1949年創業で、当時は日本電装株式会社という社名で活動していました。トヨタ自動車を中心として自動車用の電装部品の拡販を手掛けています。現在はトヨタ自動車の他にも、国内外の主要メーカーに対して製品の供給を行っています。2009年に自動車部品の世界シェアトップに輝き、ずっとトップクラスの実績を残し続けています。2014年3月の売上高は4兆円を超えていて、東証一部のTOPIX Core30の一つに選ばれています。さらに2013年度のFortune Global500リストの中にも選ばれていて、いかに世界中から注目を集めている会社かお分かりになるでしょう。

主要な製品としては、自動車の熱機器関連やエンジン関連、電気機器関連、電子機器関連、ITS関連といった感じで、自動車部品を広範に取り扱っています。ちなみに自動車以外の製品に関しても提供していた時期もありました。1970年代には、アマチュア無線機器を生産していました。その他にも携帯電話の端末を主にKDDIを中心に供給していました。2007年まではNTTドコモが提供していた自動車電話のデジタル・カーホンの生産も受注していました。

携帯電話にURIを転送するときに、QRコードに端末をかざして読み取らせたことはありませんか?実はこのQRコードの開発を行った会社でもあります。ちなみに現在QRコードの商標は、子会社になる株式会社デンソーウェーブが管理しています。その他にもエコキュートというヒートポンプ式の給湯器を聞いたことはありませんか?このエコキュートも電力中央研究所や東京電力と共同開発した技術です。このように自動車部品以外でも、私たちの身近な商品やサービスを手掛けている会社でもあります。